2018/11/26

最後の冬


南西向きの私たちの住まい。
この住まいで過ごす冬もこれが最後かと思うと寂しい。

東の空、11月の終わりの6:20am.

西の空、11月の終わりの5:40pm.

2018/11/22

牡蠣三昧


北海道 サロマ湖の牡蠣5kg..
先日出かけたレストランで気に入って、まとめて注文。
1年牡蠣と2年牡蠣というものがあるそうで、小ぶりな1年の方を選んだ。

レモンを絞って生食で、大根おろしで洗ってポン酢醤油で、牡蠣のグラタン、お鍋。
この冬分の牡蠣はもう充分に食べ終わった気がする。

2018/11/21

5歳の次女


次女、5歳になる。
みきこ先生に教わったガトーウィークエンドでお祝いした。

三人姉弟の真ん中で、おそらく一番まわりのことよく見ている彼女。
姉と弟とどちらとも喧嘩するけれど、姉への尊敬の気持ち、弟への愛情は誰が教えるわけでなく湧いてくる様子。

至る所が Christmas仕様で華やかになる時期の誕生日は得してるように思う。
おめでとうと、ありがとうの誕生日。

2018/11/20

シーズン初!


今シーズン初のおでん。
鍋を二つに分けて、お出汁が濁ってしまう系の具材と、クリアを保ってくれる具材に分けるようにしている。

2018/11/13

11月のKAHALA


海老芋 /
皮ごとゆっくりじっくり加熱されているから甘くて美味しい。でも食べ過ぎたら、後が続かなくなるので半分にした方がいいとお店の方からの助言を聞くことに。

サロマ湖の牡蠣とビーフン /
後日、5kgの牡蠣をサロマ湖からネットで注文してしまった家族。5kgも誰が殻を割るのかということで小競り合いのきっかけとなった一皿。

蟹ご飯 /
の下には温泉玉子。

お決まりのチャイ。
このティーカップ&ソーサーのことが最近気になって仕方ない。

2018/11/11

ピアノ発表会


はじめての ピアノ発表会。

曲はトルコ行進曲 ベートーヴェン。

親の方が緊張するって本当だ!

Bonpointのワンピースで。

あぁ、羨ましい。

2018/11/08

大人の遠足


校長先生とPTAのみなさんと大人の遠足。


アサヒビール大山崎山荘美術館へ。
さすがにテラスのあるカフェでアサヒビールを注文する勇気は無かったけれど、 朗らかでいい雰囲気の一日だった。


学年を越えての知り合いも増えたし、参加してみるって大切なことだと感じている。

2018/11/07

紅葉 八寸


紅葉に包まれた八寸。
11月の本湖月は初めてのお座敷。

2018/11/01

7歳の長女


長女、7歳の誕生日。

次女は髪がボサボサだったし、息子はよそ見しているけれども..
今季最後の栗を使ったケーキでお祝い。

小学校が楽しい!といつも言っている長女。
ランドセルやその他の荷物がどっしりと重たい日もあるし、お稽古事や宿題に追われて忙しそうな日もあるけれど、彼女なりによく頑張っているように思う。
私がこの位の年頃の時どうだったか、その時、私の両親はどうだったかとよく思い返してみることが増えた。

山の住まいの建築家であり、人生の大先輩である方がかつて私に話してくれた。
「僕はその機会が無かったけれども、子育てをすると、当時の親の気持ちが感じられていいよね」と。
こういうことか!とその言葉の深さに気付きはじめたこの頃。

父は手間をかけて育てた秋の果物を、母は自慢のお赤飯を送ってくれる。

産まれたての彼女を 父と母と私であたふたしながら沐浴させた実家での日々からもう7年経つなんて。

霜月


今年も残すところあと二ヶ月。
先月末の10月のレッスンをもって、中之島での教室の開催は最後となりました。
来春の引越しにむけて、持ち物を整理していく必要があり、少し早めのお休みです。

12月にささやかなクリスマスの喫茶室を予定しております。
また改めてメールにてご連絡させていただくつもりです。

.......

2011年の4月からはじめた merci mille fois

出産と育児で教室をお休みさせていただくことが三度ありましたが、再開した後も足を運んでくださる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

教室では、ご参加のみなさんから刺激をもらい、気づきを得る機会になっています。

会話が楽しく、時間があっという間に過ぎ、お喋り足りないと感じることもしばしば。

緊張感を保ちつつ笑顔があふれる充実した時間を過ごしてきました。

毎回、新鮮な気持ちで教室を続けることができましたのは、みなさんのおかげです。

当初は毎月開催していた教室ですが、私の都合で二ヶ月に一度になり、今ではひと季節に一度になりました。

勝手を申しますが、このペースが今の私にはちょうど良いと感じています。

開催の一ヶ月以上前にご予定して楽しみに参加してくださる方々と、これからもおいしく幸せな時間を共有するために、私もしっかり準備を整え自信を持ってお迎えできるようにしていきます。

幸せな空気を纏って、みなさんにも持ち寄っていただいて、また新しい場所でお会いできたらと願っております。

教室の名前を merci mille fois として良かったと、事あるごとにそう思います。

これからも細く長く、どうぞよろしくお願いいたします。

merci mille fois
板倉 みか

2018/10/31

Leçon Octobre 2018


10月のレッスンにご参加のみなさま、ありがとうございました。

朝夕は肌寒く、昼間は程よく暖かい。
いいお天気が続く中、全日程を何事もなく終えられてとてもほっとしております。

Capellini freddi al Melanzane e granchio.


焼きナスとズワイガニで冷製カッペリーニを作りました。
カッペリーニといえば夏のパスタのイメージですが、焼きナスを焦がした風味が隠し味、そこに薬味的な材料が数種類加わってこの季節でも楽しめる大人っぽいひと皿になりました。即日、お夕飯に実践された方がお二人!

飲み物は、国産のグリーンレモンをペリエで割ったものと白ワイン(リースリング)と、


mangeonsのサヨコさんのジンジャーシロップを炭酸で割ったもの。

このお写真はえりこさんから。

カッペリーニは冷たいうちに。
事前に氷を多めに用意しておくことと、お皿を冷やしておくことはお忘れなく!

そしてメインはフランス ロゼール産の仔羊。
まだ草を食んでいない乳飲子なので、柔らかく仔羊独特の香りも強くないおいしいもの♡

Abbacchio alla cacciatora.


加えた酢の詰め具合で美味しさが決まります。ラムラックはもちろん、鶏もも肉でも代用できますので是非試してみてください。今回のジャガイモのピュレは秋冬向けのリッチな(高カロリーな)もの。気分で調整していただけたらと思います。

Mont-Blanc aux marrons.

山栗と利平栗でクリームを作り、モンブランに。
教室でモンブランをご用意したのは2015年ぶりです。
栗の作業は地味で面倒ですが、先日観た映画「日日是好日」で毎年同じことができる幸せという台詞を聞いてから、来年も頑張ろうと思い直しました。

このお写真もえりこさんから。

すっかり恒例になってきた ちょいとお土産。
今回は熊本のグリーンレモンのショートブレッド。

涼しくなって花が長持ちするのも嬉しいことです。
水換えをしていると水温がここ最近下がったことに気付きます。

中之島での通常の教室開催は今回が最後。
この10月のレッスンは最後にみなさんを玄関先でお送りする際、どの日もこれまでとは違う少しのさみしさがありました。

2011年の4月からこれまで足を運んでくださった方々のおかげで、続けられたことです。
言葉では足りないくらいの気持ちですが、ありがとうございました。
協力してくれた友人、家族にも感謝しています。

merci mille fois
板倉 みか

2018/10/27

日日是好日


映画「日日是好日」

週末に隙間の時間を利用してシネリーブルへ。

樹木希林さんの台詞、
毎年同じことができるって幸せなんだなぁ.. という一言を我が身に置き換えて、今もなお映画の余韻に浸っている。

お着物の美しさに度々目がとまり、茶道の奥深さを私も知ってみたいと感じた。

ありがたいことに、私のまわりには、お着物のこと、お茶のこと、希林さんについて、
(その他ちょっと文化的なこと、食いしん坊なこと...も含め)興味関心の重なる方がたくさんいることも幸せの一つだと思う。

考え事するのにいい季節。
原作を読もうと、つい最近手に入れた。

2018/10/21

KURIOS


KURIOS / CIRQUE DU SOLEIL.

パフォーマンスはもちろん、衣装もメイクも芸術的。
演目に見入る子供たちの横顔が印象的だった。
昼寝無しで臨んだ2歳の息子には夢の中の出来事のようだったのではなかろうか。

2018/10/18

落花生と太秋柿


収穫したばかりという生の落花生が実家から届いた。
塩茹でして夕食のおつまみに。

と、この時期恒例 父の太秋柿。
私の好きな季節の到来を感じさせる果物の一つ。

2018/10/08

運動会 2018


次女の運動会🚩

お天気に恵まれた一日だった。暑いくらいの。

去年と似たような内容、
普段のお弁当ともさほど変わりのない内容でも、容器を変えると新鮮で喜んでもらえてありがたい。

私と違って足が速い次女は、本気でかけっこの一等賞を狙っていた。
本番のこの日に限って、カーブを大きくまわりすぎ、直線に入り追い上げたもののほんのわずかの差で二位に終わる。
何かと不器用なところがある彼女に成功体験を味わって欲しかった私たち両親も残念で仕方なかった。

でも本人はその気持ちを引き摺ることなくダンスも真剣に、お弁当もしっかり食べて、成長を感じるいい一日だった。
来年こそは!と帰り道で意気込みを聞かせてくれた。


一方、長女の運動会は大雨と台風で開催されず、競技を三日に分けて参観するという形がとられた。

後日、学校の廊下に飾られた絵。
絶対見ておいて欲しいとアピールされたもの。
よほど飾られたことが嬉しいらしい。
この絵の描き方に、前と違う長女の成長も感じたのだった。

2018/10/01

初めての ひらパー


初めて出掛けた ひらかたパーク。

「え、今更初めて?」と尋ねられる場所が、私たちには結構多いと最近気付かされている。
子供孝行不足なのだと。

お友達と一緒にコーヒーカップ。
木陰で食べたモナカアイス。
気持ちのいいお天気と、ほど良い賑わい加減で、通称ひらパーにとてもいい印象を持った。

また出掛けたい。
次は私も何か乗っちゃおうか。

合計6kg


この夏は地震、大雨、台風。
あたりまえの日常があることに何度も感謝したものです。
10月後半からはじまる教室が穏やかに迎えられることを願いつつ、
用意を進めております。

先日は利平栗 3kg、山栗 3kgを下拵えしました。
ご参加のみなさま、どうぞお楽しみになさってください。

merci mille fois
板倉 みか

2018/09/22

GINZA / L'OSIER


おろしたばかりの新しい靴を履いて、銀座へ。
フォーマルなレストランで頂いた仔羊が、私の中で過去最高においしかった。
10月の教室でも、同じ仔羊を手に入れたいと思う。
本来の目的は別のところにあったけれど、この仔羊を知ったことが今回東京を訪れた一番の収穫かもしれない。

2018/09/16

guntû *****


午後も船外アクティビティに参加した。
再びテンダーボートに乗り込んで大三島を目指し、大山祇神社を参拝。
こうして積極的に身体を動かすのは、夕飯に備えるためだったりする。

夕食の前にデッキに寄るとちょうど日が沈む頃。
文句の無いお天気で一日過ごさせてもらった。

この日の食材をずらりと並べて
「お好きなものを、お好きなだけ」とのこと。
特にメニューは無い。
私はメインの一皿にブイヤベースをリクエストした。

船上と船外アクティビティで、同じ時間をご一緒した方々とも少しずつ親しくなり夕食後にデッキへ。
すっかりこの船のファンになってしまいましたね♡と、円型のバーカウンターで支配人を囲み賑やかに過ごした最後の夜。

guntû ****


待ち望んでいた色。

空と海、そして瀬戸内の島々の稜線が美しい。

デッキでごく軽いお昼ごはんをいただいた。
家族は小盛りのガンツウカレー。
「ガンツウ」とは、地元の漁師さんたちが仕掛ける網の中に、 時折紛れてしまう青色の小さなカニのこと。 ワタリガニに比べると身は少ないけれど、味噌汁や鍋に入れると、 美味しい出汁がとれるそう。
私はご飯より具材が断然多いちらし寿司をお願いした。

船にはトリートメントの施設もある。
客室同様、ここが船の中だと思えないゆったりした空間だった。
何より施術が良くて(個人的に好みな力加減で)、後からの揉み返しもない期待以上の時間だった。

guntû ***


6:30am
宮島沖で錨泊した朝。

テンダーボートに乗って宮島の朝散歩に出かけた。

宮島へ渡るフェリーも動き出していない時間の散歩。
メインの観光の道ではなく裏道を通って厳島神社を目指した。
宮島に纏わるお話を聞きながら、途中、急な階段を登り高台の上にある天心閣という珈琲屋さんで休憩。
最後にはもう一度テンダーボートに乗り込み鳥居を沖から眺めるという貴重な機会。

船尾を真正面から見ると、まるで戸建住宅。

やっぱり早起きは得した気がする。
船に戻った頃から、空が青く、海も青くなってきた。
待ち望んでいた色に今日は会えるかもしれないと期待が膨らんだ。

ダイニングでの朝食は、ワタリガニの味噌汁はじめ瀬戸内の旬のもの。
どれも飾り立てたものは無く、きちんと丁寧においしい。そんな印象の朝食だった。