2020/05/05

こどもの日


子供の日。
マーケットに行くたびに気になっていたセミエビというものを思い切って買った。

800g強の重さ、腰を曲げてもらってやっとφ24cmの鍋におさまるサイズ。
暴れたときはカラダが大きいだけあって、まあまあな迫力。

一応、本日の主役であろう息子なのに、一番こわがっていた。触るどころか、近寄りもしない。鍋に入れて火にかけてからやっと覗き込んだ始末。
この写真の直後、エビがむくぅっと起き上がってきたものだから、彼は驚いたあまり足元のステップから転げ落ちたのだった。

肝心のお味は、伊勢海老と同じくらいおいしい。そして身が多い◎見慣れないその姿とネーミングのせいで、買う人に勇気が必要なのだと思う。

2020/05/04

『私の好きな料理本リレー』


SNSの企画『私の好きな料理本リレー』のバトンを、憧れのお姉さんの一人である野菜ソムリエのゆかさんから受け取った。

merci mille foisの教室で、ゆかさんに会ったことがある方々が持つ共通の印象は姿勢がピンッとしていらして、指の先まで丁寧でうつくしい雰囲気ではないだろうか。歳下の私が言うのはおかしいけれど、時々見られるチャーミングな部分もとってもおすすめだったりする。とにかくお会いするとみんな彼女のことが好きになってしまう♡

そんなゆかさんに続き、 私がご紹介する本はこちら。


「プロのためのわかりやすいイタリア料理」柴田書店
社会人を経て、エコール辻で学んでいた頃はこの分厚く重たい本をほぼ毎日抱えて通学していた。その頃からの書き込みやメモを残した付箋が貴重な一冊。ベーシックなイタリア料理がプロの目線から詳しく紹介されている。

「基礎から学ぶフランス地方料理」柴田書店
ル・コルドン・ブルーでの実習に全力を注いでいた頃に発刊されたこの本は今でも頻繁に役に立っている。この本と自分で記録したノートを元に幾度となく再現してきた料理が多い。最近ではワインの産地ごとの勉強に最適。今まで見落としていた箇所に目が止まり、料理とワイン、その土地の歴史、気候、風土が繋がり目から鱗がポロポロとは言い過ぎだけれど近いものがある。編集に携わられたChef Olivierと並んで撮ってもらった写真を挟んでいる、もう10年前になる。

「津田陽子の100のおやつ」柴田書店
LCBで知り合ったひなこさん手作りのオレンジのケイクに感激したことが私の焼き菓子好きのはじまり。講義と実習の間の休憩時間にいただいたケイクのおいしさが衝撃だった。そんなひなこさんが直々に教わったという津田陽子さんの本。おやつというより、きちんと作れば立派なgâteauになるものも含まれている。マイベストお菓子本!

「ごちそうさまが、ききたくて。」文化出版局
17歳の頃、母から譲られた私にとって最初の料理本。実家の台所でこの本に載っている色々な野菜の千切りレシピをよく作っていたのを覚えている。一度大きく失敗して以来二度とトライしていないのはポテトグラタンのレシピ。この本は当時、料理本というよりライフスタイル本に近かったのかもしれない。こんな風に暮らしたいなぁという憧れを持って真似てみていたのだと今になって思う。
それから18歳の誕生日にル・クルーゼのココット鍋定番のオレンジφ18cmを買ってもらった。もちろん今でも現役でそれが今の私に繋がっている。

「百味菜々」リブロポート
家族が以前から持っていた特別な本。もう絶版。Lucie Rieや北大路魯山人の器に極めて丁寧な下拵えをした野菜料理が盛られている。山の住まいの書棚に置いてあって、そうっと引き出し、静かにページをめくって眺めている。

写真はため息もの。


家にいる時間が長い今、いい機会をいただいた。
書棚の整理にもなり、思い出を振り返って、食べること、作ることへの意欲も湧いた。
気持ちあらたに台所に立つ自分がいる。

このバトンはMANGEONSのさよこさんへ。
MANGEONSさんのジャムはシンプルなラベルが貼られ、その原材料は季節の果実+砂糖のように明快。我が家ではこの瓶が開くとすぐに空になるので、最初の数日は大人だけこっそりとトーストにのせて子供に見つからないようしている。 もう長く伺うことが出来ていないアトリエでは過去にカンパーニュやベーグル、グラノーラを教わった。グレイッシュなブルーの壁や作業台の周りのキャビネットにしまわれた小物、そのどれもが気になり、つい気もそぞろになってしまう。武勇伝をもつさよこさんもまた、私の憧れのお姉さんの一人なのだ。

2020/04/30

〈Juillet, 2013〉


当初の予定では、このG.W.はNew Yorkへ行くつもりだった。
タイトなスケジュールを立てていたけれど、まさか強行するはずもなく。

うって変わって一日に一箇所の整理整頓を目標にして過ごしている。
一昨日はキャビネットの中、教室に纏わる資料を整えた。

ふと目に留まったのは〈Juillet,2013〉のレシピ。

昨日のうちに豚の塊肉を塩漬けにしておいて、
当時はレンズ豆で作った煮込み料理を、今日は白インゲン豆に置き換えて作り夕食に。

2013年の7月と言えば、まだ次女がお腹にいる頃のレシピ。

私の隣の席で自分のお皿をペロッとたいらげた次女が、末っ子にも食べるよう促しつつ、あーんとスプーンを差し出している。

時間の流れが急に緩やかになったように感じるこの頃。
こういうG.W.も悪くない。

Alsace / Riesling とよく合っていると監督が言う。

2020/04/28

日常、非日常


人間というものは慣れることができるものだと、このところよく思う。
日常が奪われとても戸惑っていたはずなのに、今ではこの非日常の毎日が既に日常になろうとしている。


外出の自粛と長引く休校のおかげで、 良かったこと。

長女が台所仕事を手伝ってくれることが増えた◎
鬼教官が横にいるせいか包むのも上手になってきた餃子。

夕食の〆は、小盛りの白ご飯に半熟のゆで卵と空豆に、お塩を少し。
これが最近の我が家の流行。

日が長くなったこともあり、明るいうちから夕食をはじめることができるのも嬉しい◎

思いほか、ソムリエ試験の勉強が順調◎

BordeauxとBourgogne、二つの大きな壁の高さが見えてきた感じがしている。

そんなわけで今日は、TAITTINGER ROSE.

2020/04/09

入園と入学


緊急事態宣言というものが大阪にも出されることになり、予定日の前日夜に次女の入学式が延期になることが決まった。 当然のごとく数日後に予定されていた息子の入園式は中止になった。
仕方のないこととは言え、とてもショックで涙が出てしばらく呆然となる。
それほどこの春を私は楽しみにしていたのだと気付かされた。


時々、長女とジョギングをしている。
川沿いの桜が連日の晴天と程よい気温のおかげで長く咲き続けているのは、
「写真だけでも撮りにおいでよ!」って言われているみたいだと、走っている時にそう勝手に解釈した。


そして、翌朝に実行。

写真を撮っていたら、何人もの道行く人が「おめでとう!」と立ち止まって声をかけてくださった。 「今が一番いい時ねぇ、お母さん頑張ってね」と昔を懐かしむような目をして話しかけてくださる奥様もいらした。

写真を撮りに出かけた事で、ずいぶん気持ちがすっとした。
嘆いているだけでなく、現実を受け入れて出来る事を進めるべきと思ったし、
「今が一番いい時」といわれるこの時期をもっと大切に見逃さないようにしないと。


ある意味、とても思い出になる春。
日常のありがたさを思い知る春。

2020/04/04

River SUP × tea × sakura


3月の終わりから久しぶりに長く熊本へ帰省するつもりにしていたけれど、県をまたいでの移動を控えるべき雰囲気が漂いはじめたので心待ちにしていた帰省は直前に無くなってしまった。

子供達と小一時間の散歩に出かけたら、川沿いでSUPを見つけた。
「良かったら乗りませんか?」とお誘いの声をかけられたものの、その午後は風も強くて怖かったし、時間の余裕が無かったのでやんわりとお断りしてその場を去った。


でもやっぱり気になって、翌日の午後の枠を予約。

River SUP × tea × sakura

大川沿いの桜と、家元の方によるお茶道を楽しみながら、ちゃぷちゃぷと川面を流れるようにSUPの上にいることが、なんだか信じられないような時間だった。


例年、この美しい桜並木の向こうには出店がずらりと並び、水色のブルーシートが広げられ、派手な提灯がぶら下がっている。
今年は外出の自粛でそれが全く無いものだから満開が近い桜の美しさだけが際立っていた。

SUPを操っている船頭さん(?)が、もうこの景色は私たちが生きている間には二度と見られないものではないかと。

確かに。
目に焼きつけておきたい空色 × 桜色の眺めだった。

2020/03/26

恒例の


この季節、恒例のいちご狩り。

ハウスの中にはあすかルビーと古都華が育っているのだけれど、私たちはずっと古都華エリアに入り浸り。今年は貸し切り状態で幸せの30分だった。

2020/03/14

今後の教室開催について


4月に予定しておりました教室の開催は、熟考の上、取り止めることにいたします。
ご参加を検討してくださっていた方には大変申し訳なく思っております。

3月初めの時点では、新型のウイルスによる自粛ムードを踏まえて見合わせることをお伝えしていましたが、状況が好転すればぜひ開催したいと考えておりました。

一方、これは自己都合になりますが、現在、ソムリエ資格取得を目指し勉強しています。
まずはこの夏に予定されている一次試験のクリアが目標となりますが、 当初考えていたよりも試験範囲が膨大で多くの時間が必要なことが分かりました。

家事の傍ら、この時間の捻出に苦戦しており、この状況で本当に教室を開催することができるのか悩みました。
家族とも随分話し合いをした末、勝手ながら一旦教室はお休みさせていただきます。
今後、この資格はレッスンの内容をより充実させるために役に立つと考えておりますので、どうぞご理解いただきたいと思います。

再開についてはこちらでご案内させていただきます。
一日も早く当たり前の日常が戻り、またレッスンが再開出来る日を楽しみにしております。
又、その時に重ねて嬉しいご報告が出来るようにと日々努めることとします。

merci mille fois
板倉 みか

2020/03/13

次女の卒園式


次女の卒園式。
正門をくぐり、マリアさまに手を合わせ、この道の脇にある花壇を眺めながら歩くのが好き。行事の度に耳にする聖歌は、私が幼い頃から知っている歌もあり時に涙を誘うことも。

2月の終わりから突然の休園。致し方のないこととはいえ、お別れ会やお別れ遠足といった卒園までの楽しいプロセスを全て失ってショックだったのは子供達より、それを味わって欲しかったと願う親の方だったに違いない。

失われた日々は中之島の公園で青空幼稚園と称して埋め合わせしている。
同じバス停を利用する子供達とそのお母さんと、それぞれにお昼を済ませた後に集まる。子供たちは思う存分走り回る、額から汗が流れるくらいに。お母さんたちとは背中にお日さまの温かさを感じながらお喋りをしながらお茶を飲む。
正直なところ、自宅で子供達にテレビでも観てもらって、さっさと夕飯の支度を済ませ、学期末ならではの片付けや新年度の用意などを終らせてしまいたい。でもこの先長い休校休園期間を軟禁状態で過ごすのは間違っている気がしてならない。 母と子だけで公園に来ても一時間持たないけれど、こうして好きな時間にパラパラと集まり、お茶を飲んで、おやつをつまんで、大きく笑って、用事のある者から立ち去る。
そんな仲間がいることは幸せなこと。

年中さんになった頃、幼稚園に行くのが憂鬱そうにしていた次女が今、とても嬉しそうにお友達と肩を組み、大きなえくぼを見せてくれていることも幸せなこと。

卒園式という節目となる式典が無事に執り行われ、良いお天気に恵まれたことに感謝している。と、同時に毎日穏やかな気持ちで優しく見送ってあげられなかった未熟なお母さん業に反省が押し寄せてくるのだった。

2020/03/06

Rokkosan ❄︎ -2℃


ここ最近は週末の予定が多く、久しぶりに山の住まいへ。
気温の低い金曜日の夜、きらきらの夜景をしばらく眺めていた。

2020/03/03

桃の節句


桃の節句ということで、お決まりのちらし寿司と蛤のお吸い物を夕食に。 前日から用意していた椎茸とかんぴょうを煮たものを寿司飯に混ぜたのがとても良かった。数年後にはあとふた周りくらい大きな寿司桶が必要になりそう。

ワインはChablis Grand Cru Blanchot.

2020/03/01

春の教室の開催について


春頃には終息すると思っていた新型のウィルスですが、日を追うごとに勢いを増しているようです。この春の教室のご案内をする日となったものの、先の見通しが難しい状況ですので見合わせることにいたしました。

日程やメニューも決まりいつものように一日に発信しようとしていた矢先、自粛のムードが高まり、このようなお知らせとなり大変残念です。

今後の予定につきましては、4月になりましたらこちらでご案内させていただきます。

3月3日追記:
今後の予定につきましては、3月中旬にこちらでご案内いたします。
状況をみて、4月の第4週目にレッスンを開催したいと思っております。


merci mille fois
板倉 みか

2020/02/29

城崎で蟹!


暖かくなる前に蟹を食べに行こう!と決めていた。温泉も、もれなくついてくる。

城崎温泉に行ったのはまだ長女が伝い歩きしていた頃だったと思う。
今では三人とも蟹が美味しいものと知ってしまっている。

お刺身でいただく脚がやはり一番人気。
蟹の甲羅の中で、ミソを軽く焼いた物はお酒が進んだ。

2020/02/28

HERO / heroine


郵便受けに届たポストカードに心を鷲掴みにされた感じ。

ジョンとヨーコの写真はこれまでにいくつか知っているし、オノ・ヨーコさんの書籍を読みあさった過去もあるけれどこれは初めて目にした。
じっと見入ってしまう好きな色合いで、二人の話し声が聞こえてきそうに思える。
それを眺める私はひどくドキドキしてしまった。

送り主にとっても、きっと特別な一枚だったんじゃないかと予想している。

話は変わり...

最近私たち家族の間でひょんな事から流行っている歌がある。
(と、いうより母親が車内で何度もリピートするから半ば強制的に聴かされているだけという説もある。)

HEROという歌。

人生をフルコースで深く味わうための
幾つものスパイスが
誰もに用意されていて
時には苦かったり
渋く思うこともあるだろう
そして最後のデザートを笑って食べる
君の側に僕は居たい

この「君」や「僕」に、自分自身を重ねたり、家族や、子供たちの将来を当てはめてみたりして想像を膨らませ、 胸いっぱいになるという現象に陥っていた。
同時に出会って20年が経つ彼女の誕生日になんだかぴったりのような気がして、このことを伝えたくてたまらなかった。
その恩着せがましい私の思いを受け止めてくれてありがとう。

お誕生日おめでとう、まいちゃん

2020/02/21

小紋でお出掛け


半年以上前から計画していたお出掛けだった。
着付けのお稽古歴の長いお姉さんたちと出かけるという、なんともハードルの高い約束。前日の夜は楽しみより、そんな約束しなきゃよかったという後悔の方が実は大きかった。
朝、それぞれの場所に家族を送り届け、髪の毛を整え(てもらい)、小一時間かけてどうにか完成。集合場所に3分遅れで到着。

とりあえずリタイアしなくて良かった。
こうして時々着ないと手順を忘れてしまいそう。

後から写真を見返したら、裾の短さに気付く...
イメージしている着姿とはまだまだ遠いけれども、こうして一緒に楽しめる方がいることはとても幸せ。
と、言うわけでこの秋に第二回の開催が決まる。

2020/02/14

2月のKAHALA

Lotus flower


バレンタインデーらしい花を買うつもりだったけれど、選んだのはラナンキュラス。

お花屋さんがおまけで添えてくれたダリアとバラの方が、ずっとバレンタインデーらしい色合いでおかしかった。
「もう充分に開いているからあんまり長持ちしないと思うけど..」と、いつもちょっとおまけをつけてくださる。そういうの、とっても嬉しい。
そして、思いのほか長持ちするのである。

2020/02/01

LURRA°


2月のはじまりの夜、京都にて。
新鮮なレストランに行く機会があった。

若いエネルギーに満ち溢れている!というのが第一印象。
簡単に言ってしまうと「イマドキ!」といった感じ。

大きな釜と薪が燃えるキッチンをL字型のカウンターで囲み、私たちゲストはハイスツールに腰掛けて料理の完成を間近で見ていられる。
内装も、器や小物も奇をてらったところがない。
17:30の一斉スタートに合わせて席が埋まると、LURRA° というお店の名前の由来から軽快に説明してくれた。

カリフラワーをバターとハーブでローストした一皿。焦げる一歩手前のしっかりと焼き目をつけた部分がとても美味しい。あれからなんとなく真似して、既に我が家の夕食に三回並んでいる。三歳の息子も今ではどの部分が一番美味しいのかよくわかっているようだ。

メインは鹿肉。付け合わせの金時人参がこの夜一番の感動だった。

二月の朝


さっさと行ってしまった一月。

このひと月の間に私にとっては大きな目標が決まり、出来るだけ毎日、陽が昇る前に机に向かっています。

春の教室のメニューはほぼ決まり、あとは日程です。
この春は入園と入学があり、事前の予定が決めづらいので少しご案内が遅くなってしまうかもしれません。
またこちらでご案内させていただきます。

merci mille fois
板倉 みか

2020/01/26

台所の記憶


長女が夕食にミネストローネを作ってくれるそう。
正直なところ、一人でちゃっちゃと作業した方が早く効率も良い。
「やってみたい」という気持ちに付き合ってあげる時間と心に余裕のある日曜の午後だったから。


何かと手伝ってもらえるように仕向けるというか、ゆくゆくは戦力になるように育てるというのが今年からの試み。

思い出してみると、私も日曜日の夕食はいつも母の手伝いをしていた。祖母も一緒に三人でコロッケに小麦粉、卵、パン粉をつける作業をしていた記憶がある。母が台所に向かっている側で、お喋りしながら祖母と餃子を包んだり、小芋の皮を剥いたり..
何でもない光景こそ、今になってじんわりと胸を熱くする。

おかげでこの日、私はケイクを二台焼くことができた。

2020/01/24

AMAN kyoto


AMAN Kyoto で、ランチの機会。
京都市内を北へ、住宅地をちょっと抜けるとそこはもう別の世界だった。

敷地は元々、美術館にしようと計画のあった場所らしい。壮大な印象で、苔に覆われたうつくしい場所はそのまま残し、ひと山切り開いたような感じがした。

新しい目標が決まり、四人で決起集会的なランチだった。

京都へランチに来ると、どうしてもお迎え時間がギリギリでいつも最後のお茶はグーッと飲み干すことになる。スタンダードなイチゴのショートケーキ、もっとゆっくり味わいたかった。

2020/01/09

Gnocchi di patate


新学期が始まって三日目。
家族をそれぞれの場所に送り出して、久しぶりに一人で在宅している時間が長くあった。
そんな訳で、じゃがいもを蒸して、リコッタチーズと混ぜて、ニョッキを。
次の春のメニューは何がいいかと考え事するのにちょうど良い作業。

2020/01/04

デザインあ展 in SHIGA


「デザインあ展 in SHIGA」へ。

初めて「デザインあ」の展覧会に行ったのは、東京の21_21 DESIGN SIGHTで2013年の春だった。その時は人もまばら。ゆっくり展示も観れたし、体験もできた。
今では大変な人気で、ひどく混雑していた。

それでもやっぱり好きな展覧会。親も子も楽しい。

絵を描くのにも、ちょっと順番を待たなければならない混雑の中、親が知らぬ間に、机と椅子を三人で分かち合って使っているところに感心した。
お尻を椅子にちょっとだけのせる姉の優しさなのか、要領良くうまく生きる力を弟が発揮しているのか...

いち早く完成させて、いくつかのポーズで写真を撮るよう求め、さっさと提出する息子なのだった。