2020/10/21

Tasting


二次試験は、Tasting.

この試験勉強を機会に、ワインの飲み方が変わった。
ただ、「美味しい」とか「好みの味」というだけではなく、
外観・香り・味わいから分析しようとする気持ちがでてきた。

まだまだ知識も乏しく、分析力も未熟だけど、うまくいったらもちろん嬉しい。
今回が駄目だったとしても得たものは大きいとはず...と臨んだ本番。

結果は○

しかも、出題されたワインのブドウ品種と生産地が全て正解!

Sauvignon blanc / France
Chardonnay / 日本
Nebbiolo / Italy

今年の1月末から、「やらなくちゃ!」という気持ちに寝ても醒めても常に追われていた。
机に向かう時間が思うように確保できないぶん、
台所に立つとき、アイロンをかけながら、
どこか目的地へ向かう道すがら、いつだって動画や音声で勉強していた。

心に余裕がないので優しくなれず、家族の危機にもなり損ねない喧嘩を数回した。
受験するなんて決めたことを大後悔。
かといって少しずつ蓄積してきた知識を全て手放す潔さもない。

今となれば、ちょっと頑張りすぎたね。と家族と話している。
人生にはこういったアクセントが必要だと諭された。

まずは私の受験を一番応援してくれていた次女に伝えたかった。
「ママ、がんばってね♡」と小さめの声で、よく声をかけてくれていたから。

最後の三次試験は一ヶ月後。
落ち着いてその日を迎えられますように。

そして、資格取得に終わらず、
merci mille fois の教室でうまく活用していきたいと考えています。

2020/10/13

12月のレッスン


12月のレッスンのお知らせです。 

merci mille fois ■ Leçon Décembre 2020

*前菜 / 三種類

*温かいサラダ

*主菜 / 豚肉

・お菓子 / 栗

・ワイン 又は ソフトドリンク

・食後のお茶

*印を基本的にデモンストレーションの形式でご紹介し、レシピをお渡しいたします。

お菓子、ワイン、ソフトドリンク、お茶をご用意しております。 


■レッスン日

12/2(水)

12/3(木)

12/4(金)


■時間

9:50-14:00

※終了の時間は多少前後いたします。


■場所

大阪市中央区北浜


■定員

6名さま


■受講費

8,000円 


■お申込み

現在、勝手ながら、はじめてのご参加の方は承っておりません。

メール(atelier@merci1000.com)にてお申し込みください。

ご希望のレッスン日(複数あげて頂きますと大変助かります)と、教室からのメールを受信できるメールアドレスをお知らせください。

レッスン日のご返答を2日以内に返信いたします。

後日、詳しい教室へのアクセス、連絡事項等をメールにてお知らせいたします。 


■新型コロナウイルス対策

ご参加の皆さまに入室後の手洗い・うがいをお願いいたします。

マスク着用とご自身の体調の把握にご協力ください。

室内のアルコール消毒、換気をできる限り行います。


■キャンセルについて

キャンセルはご遠慮ください。

材料手配の都合上、6日前〜前日のキャンセルは受講費の50%、当日は100%頂戴しております。予めご了承くださいませ。

しかしこういった時世のため、ご無理がないように、その場合は遠慮なくご相談ください。


前回のレッスンから随分期間が空きました。

また皆さまにお会いできますのを楽しみにしております。

merci mille fois
板倉みか

2020/10/11

それぞれの体育参観と運動会

 




今年の運動会は、当然の如く縮小。
もちろんお弁当を囲むこともなく。

小学校や幼稚園に参観として出かけることもないから、
集団生活の中で子供たちの姿を見ること自体が新鮮だった。

来年は、運動会のよくある風景がたくさん見られるといいなと思う。

2020/10/03

ballet

 

長女、初めての発表会。
楽屋で見せる無邪気さと、ステージ上で見せる堂々とした雰囲気。
子供ながらに使い分けているようで素敵だった。

一番見入ってしまったのは、彼女たちの先生。
我が家と同年代の二人のお子さんがいらっしゃるバレエの先生。
小さな子供からシニアまでの生徒たちをまとめて、ご自身もステージに立ち、素晴らしい表現力で踊っていらっしゃる姿に感動して胸がいっぱいになった。

長時間の拘束で身体はずっしりと疲れたけれど、強いエネルギーを分けてもらったような気がした。

2020/10/01

教室再開のお知らせ


教室の再開のお知らせです。

12月の第一週目に開催する予定でおります。
少し先になりますので、
詳しい日程と内容を10月13日(火)にこちらでご案内いたします。
その際、同時にお申込みをお受付けいたします。

又、こういった時世の為、料理教室のスタイルを少し変えさせていただきます。
これまでは前菜、主菜をご参加の皆さまと一緒に仕上げるようにしておりました。
12月のレッスンからは私がデモンストレーションの形式で仕上げ、皆さまに召し上がっていただきます。

いずれにしましてもこれまでと変わらず、和気あいあいとした雰囲気は大切にして、ご参加の皆さまも私も気付きを得られる機会にしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

merci mille fois 
板倉 みか

2020/09/18

Point

バランスの良さが好き。

というと、なんだか偉そうに聞こえるかもしれないけれど。

シェフの料理、ソムリエの奥さまのワイン、内装と雰囲気、価格帯。

シンプルさ、丁寧さ、美しさ...

家族の誕生日から遅れること半月、ずっと心待ちにしていた。

予想通り、お腹も心も満たされてふわふわと帰路についたせいか、お店に傘を忘れてきてしまった。

次の予約まで預かっていただくことにしている。

秋が深まる頃にもう一度行きたい、雨の降るたびに思い出している。

2020/09/11

9月のKAHALA

 








2020/09/06

Aman Kyoto

Aman Kyoto.

今年のかき氷食べ納めに相応しい、マスクメロンのかき氷。

石と苔、そして青紅葉の庭を散歩。

夏の終わりの虫の声が懐かしくて、

子供の頃の実家に戻ったみたいな気持ちになった。

残糖のあるワインを自ら選ぶことは無いけれど、ソムリエの方のご好意でいただいたこちらがとても美味しかった。フランス ロワール地方のシュナンブランという品種。


夜に降った雨のおかげで、苔はさらに鮮やかな色を見せてくれた。

庭園をスタッフの方に案内してもうことに。

20年の構想を経て生まれたという Aman Kyoto.

庭園自体が造られたのは約70年前とのこと。

織物美術館をつくることを夢見て老舗の帯屋の主人が造園をはじめ、その後、事情で主人の手を離れ、手つかずのまま長い間ゲートが閉められていたそう。その為忘れ去られていた美しい森には、今となっては珍しい小さな生き物たちが住んでいるらしい。

幸運にもこの朝は、そのうちの二種類の生き物を見かけることができた。

案内してくださった方はホスピタリティに溢れ、且つこの森と(造園をはじめた今は亡きかつてのオーナーと)深く対話しているような素敵な女性。

私たちはすっかりファンになってしまった。

歴史や背景をお話していただいたおかげで、この場所の価値をより知ることになる。

2020/09/01

9月の朝

 

9月になりました。

既に二学期がスタートしている小学校。

そして今日から幼稚園もはじまり、

洗濯機の運転する音以外は静かな朝の時間に戸惑っています。


長くお休みしておりました merci mille fois の教室を再開したいと思います。

詳しくは、こちらで10月の初めにご案内いたします。


merci mille fois

板倉みか

2020/08/30

∞ つづく 空想

絵心を持ち合わせているなら、
皆川明さんのような絵を描けるようになりたい。







minä perhonen ∞ つづく

     

minä perhonen
∞ つづく
Hyogo Prefectural Museum of Art


デザイナー 皆川明さんの展覧会。
一番のお目当ては建築家 中村好文さんとのshell house.


「swing」と名前がつけられた柄のワンピースを持っている。
きっとこのランプシェードは同じ生地だと思う。
2013年の夏、当時お腹に次女がいた私にもってこいの一枚だった
まだまだこれからも夏の定番として着つづけたい。


360度天井高くまで展示された服を見上げると、
赤ちゃん時代にロンパースとして着ていたものが大人のワンピースとして飾られていたりする。
子供たちもそれぞれに発見して、デザイン違いや色違いを見つけることができた。


皆川明さんが100年続けたいというブランド。
たくさんは持っていないけれど、時々着る minä perhonen の服と長く付き合っていきたい。


2015年の10月、まいちゃんと長崎の美術館まで出かけたことがある。
1∞ミナカケルという展覧会のために。

あの時もそうだった。
皆川さんのものづくりの心が、
穏やかであたたかく、とても眩しい。

2020/08/17

おじいくん 4歳



August 17.
息子は4歳になる。

園から持ち帰った本にスイカが器のフルーツポンチの写真があり、それに憧れている様子だった。小玉スイカを求めたけれど思うようなものが見つけられなくて、メロンで作ることに。

まな板や大きめの鍋で手元を隠して、
夕飯の支度をしている振りをしながら、見つからないよう台所でこそこそ。

サブレの生地を伸ばしている時に目撃され、
「ビスケット焼くのー?」と尋ねられたから、
とっさに「ううん、明日のお昼のうどんの生地!」と嘘をつく。
「わぁ!明日のうどん、楽しみだね♡」と話を合わせてくれる大人な姉二人。
ちなみに、うどんを台所で捏ねた経験は今のところない。


メロン、スイカ、マスカット、白桃、すもも、キウイ。
ミントを飾り、アップルタイザーを注いだ。



いつまでも「ラリルレロ」の行が言えないでいて欲しい。
しかし、私の部屋着スカートの裾で、涙や鼻水を拭うのはそろそろやめておくれ。

おそらくこの位の年頃までがかわいい男の子と言われる時期。
その姿を九州の祖父母に見せるのはまだ先になりそうで、できるだけゆっくりと育ってほしいものだ。

2020/08/06

First-stage exam


一次試験をクリア!
こんなに勉強したのはいつぶりだろう。

主要な国に関しては、白地図に色を塗り、産地や生産可能品種、その土地のランドマークなどを書き込んでいた。
それを映像として目に焼き付けて記憶。
その勉強を見ていた家族も同様に真似をし始めて、ついでに子供達の間でも塗り絵がリバイバルしていた我が家。

なんとも暗記のし難い事柄は呪文のように呟いてみたりもした。
「なりふり構わず覚えましょう!」と言う、美しい講師の言葉に素直に従って。

とにかく最後の3週間程は詰め込んだものが耳の穴から溢れ落ちそうだった。

そんなわけで今夜はお気に入りを。

Aubert 2017
Chardonnay Sonoma Coast 

何かと協力してくれた家族に、
たくさんの我慢を強いた子供たちにありがとう!
随分と消費してしまった色鉛筆を買い足しに出掛けよう。

2020/07/19

Ace Hotel Kyoto , TORAYA

 

Ace Hotel Kyoto に宿泊。

切ないほどに空いている...

朝食がとれるレストランのテラスが気持ちよかった。

賑わいを取り戻す日まで耐え忍んでほしいと話したことだった。


今こそ京都を楽しむ時なのかもしれない。

2020/07/18

Kyoto city KYOCERA Museum of Art


Kyoto city KYOCERA Museum of Art

□もう既に会期を終えていると思っていた杉本博司氏の展覧会が開催されていた。

思いのほか入場者が少なくて空いていた。

青空に鳥居が映えて美しかった。



しかし、一番の感動はこの美術館そのもの。
大改装を終えた現状が素晴らしかった
メインエントランスから中央のホール、日本庭園をのぞむ東エントランスまで、スケールが大きくて外国のそれのよう。





改装を手掛けたのは青木淳氏。
建築家であり、さらにこの美術館の館長でもある。
御堂筋のLVも然り。



今後、こちらで予定されている「THE ドラえもん」と「ANDY WARHOL」は絶対に行こうと決めている。

2020/07/17

子供の本の森 中之島


子供の本の森 中之島。
こちらの図書館が開館するのを心待ちにしていた。
時々、住まいの東側の窓から僅かに見える工事の進捗を伺っていた。


安藤忠雄氏が中之島に子供の図書館を建設するという新聞の記事を見つけたのは、振り返ってみると2017年9月。


時代は、まさかの新型ウィルスによる制限のある暮らしの中にある。
そのせいで一回の入場が制限されているため、うまく入場の権利さえ得ることができたら、ゆったりと図書館を楽しめる状況にある。


子供向けの本や絵本ばかりでなく、読み応えのあるもの、名作と呼ばれる漫画、料理書、建築やデザイン、アートの書籍もあって胸がいっぱいになる楽しさだった。


たくさんの本に出会って、素敵な友達と知り合って、自分の好きなものが何かを見つけて欲しい。友達とうまくいかない日だってあるだろうし、穴があったら入りたい失敗をすることも一回じゃ済まないかもしれない。私たち両親に話しづらいことで思い悩むこともあるだろうもしかすると一冊の本で救われることだってあるかもしれない。

高校生の頃、帰り道の市立図書館に寄ることが習慣だった時期がある。
クラスメイトとさよならした後、誰かを誘うこともせず、一人で向かうその時間が好きだった。
その頃から今でいうライフスタイルの提案みたいな本が好きだった。
その雰囲気に憧れていたのだと思う。

どんな大人になっていくのだろう..
たくさんの書籍を前にふと、そんなことを感じたひと時だった。