2019/04/29

Hawaii 2019 day 3 Sushi-sho


「平成最後の鮪です」と大将の中澤さん。

この日はプールサイドで一口のアイスクリームをお昼ごはん代わりにして、計画的に予約の17時に向けて腹ペコ体制を整えたのだった。

鮪と数種の青魚は日本から。
それ以外の食材はアメリカ各地から仕入れたものだそう。
何故、東京四谷のお店をたたんで、選んだ先がハワイだったのか?という質問を気持ちよくわかりやすく丁寧に、でも面白おかしくお話ししてくださった。
やっぱりスペシャルなお店は、とても魅力的なトップが存在するのだと確信。

入店して席に着く時、大将と目が合って「そうだそうだこの方が大将だった!」と、もう随分前に四谷のお店に伺った日のことを思い出した。そんな強く優しい目力!!

この夜カウンターに座った10 人のゲストの後ろには100名ほどのキャンセル待ちの方がいらしたとのこと。G.W.を狙った高い競争率の中、スルッと予約の電話が繋がったという家族の持つ運の強さに感謝。

2019/04/28

Hawaii 2019 day 2 Steak house


アメリカらしい、ハワイらしい夕食を求めてRuth's Chris Steak Houseへ。
Beach Walkを眺めるテラスの席が気持ち良かった。
写真左側のバーベキューシュリンプが人気だと、感じの良いサービスの方のおすすめ。

この夕食を皮切りに私たち一家は今回の滞在で何度フレンチフライを注文したことか..
いや、頼んでもないのに付いてくることもあって、自制心の弱い順に軽い中毒になった様子。旅行中につき、多少目を瞑っていいものか、悩む...

ちょうどスコールのような雨が降り出し、その雨音を聴きながらパラソルの下で柔らかく美味しいお肉を食べて非日常の夜。

雨があがった街をウインドショッピングしながらホテルへ向かうのも、ここは waikiki☆って感じがして新鮮だった。

Hawaii 2019 day 2


二日目はオアフ島を観光案内してもらうことにした。
当初はレンタカーを考えていたけれど、その土地のことをよく知る人に快適な車で一日ガイドしてもらう方が有意義かもしれないという判断。

朝ホテルに迎えにきてくださった時点でこちら側の希望を伝え、あとは乗車する私たちの顔ぶれを見て行き先をいくつか提案してくださった。

一番思い出に残るのはオアフ島最東端のマカプウ岬。
小さな子供も一緒に楽しめる片道40分程の気軽なトレッキング。

とは言え、2歳の息子にはハードだった様子。
朝食をとったホテルのレストランにストローラーをうっかり忘れてきた私たちは、交代で抱っこするはめに。

13kgの息子を抱っこして歩く私は「とてもいいエクセサイズだ!」と何人かの外国人に励まされ、随分たくさんのいい汗をかいた。

小高くなったこの岬のゴールには乾いた気持ち良い潮風が吹いていた。時期がもう少し早かったなら出産のためにアラスカから南下してきた鯨が肉眼で見られるらしい。

ランチはローカルなお店に連れてきてもらった。地元の方々に混じってのオーダーは難易度が高いけれど、ガイドの方のサポートのおかげでこの店一番のオススメをいただいた。

定番の 「この木 なんの木」にも立ち寄る。

午前中は日本人を乗せた大型バスが何台も来るらしいこの場所は、午後が狙い目だそう。

ワイキキへ戻る途中にカメハメハ大王像に寄り、ハワイの歴史と合わせてこの王様に纏わる興味深い話を伺った。記念撮影してさらっと流してしまいがちな いわゆる観光地も、こうして案内していただくと印象深いものになる。レンタカーに比べたらもちろん割高だけど満足度の高い観光案内だった。

最後の目的地はタンタラスの丘。
ここは夜景が有名らしいけれど、ガイドさん的には昼間の景色を紹介したいとのこと。
Pearl Harbor から Diamond Head まで一望できるこの場所から、活躍中の雨雲を三ヶ所見つけることができた。

2019/04/27

Hawaii 2019 day 1


ハワイへの旅行は2012年の10月ぶり
今年のG.W.がかなりの大型になるらしいと少し早いタイミングで気づいた私たち。
いくつかの目的地の中から、大人も子供も一番負担の無いこの場所を選び、まずは一度行ってみたいと願っていたお鮨やさんの予約を計画的にとり、飛行機のチケットをとった。
それから宿泊先を決めて日々の暮らしに追われる数ヶ月が経過し、あっという間に出発の日が目前に。
慌ててレストランの予約、アクティビティの予約を済ませたのだけれど、これが意外にもちょうど良いチョイスで大人も子供も満足した休暇となった。

Arancino at The Kahala.

眠さを必死に堪えて出かけたレストラン。
日が暮れる前のテラス席で美しいサラダを見た途端、目が覚めたのを憶えている。

機内でも、ホテルにチェックインを済ませてからも、ほとんど食べていなかった。そのせいもあって出てくるご馳走に目がハート♡になっていたはず。

シェフが日本人ということが、お皿から感じられるようなイタリアンだった。

アランチーニと呼ばれるライスコロッケが一番おいしかった。
トリュフの香りがする黒い衣の中には、パルミジャーノ・レッジャーノのリゾットとフォアグラ。

さすがハワイ。
「子供も一緒に」を前提としたレストランが多いのも助かる。

2019/04/22

4月のお客さま


4月が瞬く間に過ぎていく。

私の定番スコーンを焼いた。
引越しまで後一ヶ月ほどとなった今、「遊びに来ますー!」と声をかけてくださった方がいたから。
普段は教室にご参加の際にお会いするので、ゆっくりとお話ができてとても新鮮。
気取らないお昼ご飯の後、片付けまでご一緒して、この台所に一緒に立つのも最後かと思うとちょっとセンチメンタルな気持ちになった。

ひょんなことから、次は秋に着物でお会いすることに。
私はまだ着付けのお稽古はじめて7ヶ月のひよっこ。
つい先日、初めて自分で着付けて念願のお料理やさんへ出かけたばかり。
片や、その道15年。
その差を見せつけられるのは覚悟した上で、この秋の楽しみの一つに加えている。

懐かしい顔ぶれの方々とも、集まることができた。
初めてお会いしたのは2006年。
私の大好きな先輩たちである。
家具やインテリアのデザインのこと、仕事の進め方、小さいけれど手を抜けないこだわり..教わったことは数えきれない。
一緒に働いていた日々の思い出話も尽きない。

この住まいが好きだと言いつつ、どなた様よりあちこちを点検、物色する遠慮なき姿はこの方々ならでは。

今はまだこの住まいから私たち一家が移動する支度も進んでおらず実感がないのが事実だけれど、ここでお会いすることはもう無いと思うと、お見送りがとても名残惜しい。

2019/04/21

初西瓜


ひとりじめ♡ という名前の西瓜。
熊本の叔父より。

2019/04/03

4月の恒例行事


4月のはじまりは恒例の古都華いちご狩り。


全力で頬張る弟の為にと、姉たちはせっせと収穫し、自分が食べるのもほどほどに手渡ししてあげていた。
大人はそれを微笑ましく眺めながら、せっせと口に運んでいた。
その後の利尿作用は恐るべし。

2019/03/30

春の帰省


私の知るお子さんの中で一番のイケメンは彼。
カメラマン一家のご子息なだけあって、4歳にして既にカメラを持つ姿がいっちょまえ。
彼が瞬きをすると、ふぁさっと風が起こる。
桜の花びらも絡まりそうな長いまつげに見惚れてしまう。

そして とても優しいのは母親譲り。


熊本 白川公園でピクニック花見。
春の帰省は穏やかで幸せ。
おにぎりはもちろん、持ち寄ったスナック菓子もみんなで囲むとなぜか特別においしい。

2019/03/27

La Collina


近江八幡へ。

主な建物・施設は、建築家/建築史家の藤森照信氏によるもの。

監修は、建築家/デザイナーの Michele de Lucchi氏というのに驚いた。
そう、Artemide TOLOMEOのデザイナー。

すてきな会社だと気付いた。

きっと地域の方の自慢の企業なんだと思う。
尾道にあるguntûを所有する あの企業とも共通する部分があるような...

社会のために、未来を生きる子供たちのためにという気持ちがよく伝わってきた。

2019/03/26

四つ身、三つ身の卒業


長女、次女のお着物がそれぞれにサイズアウトしてしまう前にもう一度。
両親も誘って着納めのお出掛け先は京都にした。

鴨川沿いを散歩して、お昼は横並びでお鮨をいただいた。
お鮨もおいしくいただいたけれど、食後のピエールエルメのデザートが嬉しい。

時々、お姉さんな一面が出てきた長女と、まだあどけない仕草の多い次女。
写真だけでなく、記憶にしっかりと留めておきたいと強く思うひと時を過ごした。

夜は俵屋さんに宿泊。
私も含めて三人分のお着物の片付けは大変だけど、明らかに以前の私と違い手際が良かった。お着付けを習いはじめたことで、片付け方が身についている!と家族に自慢。

慣れない着物にすっかり疲れた姉妹は祖父母の部屋で眠り、せっかくだからとアーネスト スタディへ行くことにした。オーナーのセンスが伺える書籍と、デンマークの家具がある美しい部屋。
中庭を抜ける時は夜の空気がピリッと冷たく、他の客室に迷惑にならないようそうっと床張りの音が立たないように歩いた。
部屋に着いたら ほっと気持ちが緩むようなあたたかさで、この宿の惜しみない優しさで迎えてくれているかのように感じた。

今日は一日、脇役に徹していた息子は宿が用意してくれていた季節外れな柄の浴衣を「オキモノ!」と喜び、名作椅子の傍でポーズを決めて私に写真を撮るよう指示してきた。
そんなオフショット。

2019/03/22

2018年度のまとめ


お友だちと、おうちで抹茶パフェ。
小学校はじめの一年、お疲れさまの夜。


2018年度、私は三人の印象的な女性との出会いがあった。

お一人はシャンソンを歌うスラリと背が高い女性。
初めてお会いした瞬間、宝塚音楽学校のご出身ではないかと思わせる雰囲気で、滲み出るオーラに目が眩んだ。お話してみると、ご自宅ではお孫さんをおんぶをして髪を振り乱して家事に追われていると仰る。そのギャップがこれまた素敵。四半世紀先の自分と恐れ多くも重ねてしまい、このままじゃいけないと頭を叩かれたような刺激に興奮して眠れなかった夜がある。

そしてもうお一人は Martin Margielaのお洋服、靴を見事にご自身のものとして着こなし履きこなしていらっしゃる方。
誰もがお会いしたら好きになってしまう雰囲気。その現場を何度も目の当たりにした。信頼できる、頼りになる、ついつい「姉さん!」と呼びたくなるような感じ。大きくゆったり構えて見守りつつ、改めるべき箇所はピシャリと後味よくご指摘くださるような感じ。今のところ私はご指摘いただいたことは無いので、あくまでも勝手なイメージだけど。これからも自分で何かを取りまとめていく道を進むのなら、この方の姿勢に倣ったらいいのだと思う時が度々ある。

最後のお一人は、母子共に友達になれたことが幸せだとお互いに感謝しあっている仲。
この一年を通してすっかり「かゆいところに手が届く」「阿吽の呼吸」「以心伝心」...そんな存在の友達になった。持て余す時間を持っていない者同士 母親業とどう折り合いをつけるか..その辺りの感覚が一致している。偶然にも同い年ということもあり、共通の話題はこんこんと湧いてくる。好きな映画や音楽がズバリ重なった時は鳥肌がたってしまった。子供たちがどういう道を選んでいくのかはまだ未知だけども、繋げてくれたこのご縁は つたない母親業7年目の予期せぬご褒美のようだ。

2019/03/15

初もの


初ものが届いた。
実家の父が掘った筍。表面に残る土がまだしっかり湿っていて、掘り立てをすぐ箱に詰めて発送してくれたことが伺える。

お味噌汁の具に少し、あとは全て定番の若竹煮に。
我ながら良くできた。
ひと晩で無くなってしまったということを父に伝えておかないと。

2019/03/13

お昼は chef-d'œuvre


次女と こたにさんの chef-d'œuvre.


こたにさんは、教室の名前 「 merci mille fois 」を書いてくださった方。
初めて お会いしたのは8年ほど前。
その夜のことは 今でもはっきりと覚えている。

場所が変わっても、これからもこの文字が持つ雰囲気にふさわしい教室でありたいと思う。

2019/03/04

恒例のPotluck Lunch


一年振りになるPotluck Lunch.

私たちはいつも打合せ無しで持ち寄る。
サラダの係とか、デザートの担当などは決め無いで当日を迎えるということ。
それがなんだか楽しいと勝手に思っている。
この日は同い年の二人も参加。


えりこさんのティラミス。
琺瑯のバットがかわいくて目がとまった!もちろん美味しい。
器にどんっと装ってから、ご持参のココアを振ってくれた。


ゆみさんのちらし寿司。
椎茸と蓮根の味付けが好き。たまごがキューブ状っていうのもいいアイデア!
これ、確か去年も同じことを言っていたと話すそばで思い出した。
来年もリクエストしたい、そして同じコメントを再びするのだろう。


レトロな雰囲気の抹茶のフロールが私の用意のひとつ。
写真には無いけれど、季節の野菜と果物をこのところ気に入って作り続けているドレッシングで和えた。
このドレッシングは教室を再開したら是非メニューに加えたいと思っているところ。

解散の前に5人で集合写真を撮った。
それがお内裏さまとお雛さま、三人官女みたいな並び方。
ずいぶん年上の三人官女が楽しそうで気に入っている。
家族の話題、主婦の悩みあるあるから、今後の展望まで。束の間の三時間は各家庭に平和をもたらすものである。

2019/03/03

お誕生日とお雛さま


今年も土佐文旦の季節。
剥くのはひと手間、食べるのは一瞬。

まいちゃんのお誕生日お祝いをする日がちょうどお雛さまということで、海の幸が盛りだくさんの手巻き寿司と蛤のお吸物を用意した。


久しぶりに焼いたフロールの生地。
今回は抹茶を入れて焼いてみた。
この生地を焼くと、
絵本「ぐりとぐら」の物語に出てくるあのお菓子をいつも思い浮かべてしまうのだ。


ホワイトチョコレートのガナッシュクリームにも少しの抹茶を。
粒あんも入れてぐるりと巻いた。


プレゼントはちゃっかり自分の分もお揃いで購入。
ラッピングが可愛いのでしばらく開封せずに飾っていた。