2019/10/14

運動会 2019


かけっこが得意な次女にとって幼稚園最後の運動会。

去年と同様に彼女は一番のアウトコースでスタートするよう決められていたので、
スタートが肝心!
インコースを自分の脚で勝ち取る!と、
週末はこそっと練習、ちょっとした散歩でも全速力を積み重ね本番に臨んだ。

けれど、ちょっぴりフライング気味でスタートしたお隣の走者を追い越した瞬間に靴のかかとを踏まれたようで、まさかの靴が吹っ飛ぶ悲劇。

私にはその一瞬、周りの歓声が無音になり、靴はスローモーションで飛んでいるように見えた。 片足は靴下のままでゴールに向かった姿に涙が出た。

子供のかけっこごときに一喜一憂するのもおかしな話だとわかっているけれど、ほろ苦い出来事。あと5メートル、ゴールが遠かったなら最終追い抜けたのに..とさえ思ってしまう。

けして器用とはいえないタイプの次女にとって、陰ながら頑張ってかけっこで一等賞が取れた!というのは、とてもわかりやすい成功体験。物心がつきはじめた今、是非その体験をして欲しかったから。

その後はクラス対抗リレー。
同じクラスのお友達が「うめ組にはあーちゃんがいるから勝つもんね!」と、次女の知らないところで自信たっぷりに他のクラスの子に自慢しているのを偶然耳にして、親ばかながら大変大変嬉しかった。その言葉通り、彼女らしい走りを見せてくれて、幸運にも一人追い抜いてから次の走者にバトンを繋いだ。

鼓笛隊は緊張の様子でにこりともしなかった。
というより今思えば、かけっことリレーで心までも消耗して、脱力していたのかもしれない。

お弁当は天候不順のため、帰宅してからみんなで。
描いた通りにはならなかったけれど、私たち家族の思い出深い一日になったことは確か。

2019/10/11

熊本からの秋


父の太秋柿と早生みかん、実家の栗で渋皮煮。
朝食のテーブルに秋が揃った気持ち。

去年までは栗が届いたら、とにかく早いうちにと必死で皮を剥いていたけれど、今年はその余裕が無くて保存している。 冷蔵庫のチルド室のような低温の場所でうまく保存出来たら栗自体の甘みが増すらしい。届けられた栗を乾いた布で一つ一つ拭いて、新聞紙に包んでジップロックに入れて只今、保存中。

2019/10/01

再開に向けて


教室の再開は予定より一ヶ月遅れの12月からと考えております。
いくつかの予想外の事があり、うまく段取り出来ずにおりました。
11月の初めに改めてご案内を致します。

..............

写真は最近使いはじめた榧(かや)という木のまな板。
とても長い間 まな板を探し続けていて、先日ふらっと一人で立ち寄った工芸展で見つけたもの。
理想は台所にあるのは全て木製のまな板と統一してしまいたいところだけど、職人の方の意見を聞いたら、プラスチック製とうまく使い分けた方が良いとのこと。

探し続けて、納得したものを見つけての購入時の達成感といったら!
重たさなんて気にもせず、大股で弾むように帰宅していたに違いない。

次のシーズンにもうひと回り大きいものをお願いしてみようかと検討しているところ。